観ます、言います、聴きます。




あけまして 



おめでとうございます。



怒濤の年末年始を なんとか クリア[#IMAGE|S66#]



本日より 我が家は通常モードです。



息子は登校。 母は半日のデイサービス。



私の仕事始めは この後 MRI検査へ。



メンテナンスも 大切な お年頃になりました。(笑)






さて 昨年の11月〜12月。



母が沖縄に帰省中、 またまた断捨離決行。



かなりのモノを 処分しました。



私が 元気なうちに やらなければ[#IMAGE|S31#]



オーバーなようですが



そのくらいの 気合いを入れて 取掛かりました。 





古い小さな箪笥は  



中のゴチャゴチャを 処分して 私専用に。



盃や お茶道具 



お気に入りの皿 漆器を仕舞って みました。






晩酌や お茶の時間に



引き出しを 開ける度に ニンマリ💗



至福の ひとときです。





お茶碗は 少し 多過ぎるかなぁ?



厳選しないと いけません。



使いきれないほどの モノは所有しない❗



仕舞い込んだままの方が もったいない❗






人生の 残り時間を 意識して



大切なモノを 愛おしんで 



暮らしたいと 思えるように なりました。



ちょっとは オトナに なれたかしら?

 




昨年の 体調不良の教訓



『生前整理と思って 断捨離をしよう』 



その結果 スッキリと 暮らせるのなら 一石二鳥ですよね。



お手本となったのが 



この映画 『365日のシンプルライフ





フィンランド在住の 青年が



モノに囲まれ過ぎた 生活を見直すため



①全所有物を倉庫に保管



②一日一個だけ 倉庫から持ち出しOK



③一年間、続ける



④一年間、何も買わない



四つのルールを厳守した 実験生活ドキュメンタリー。






『生活に 必要なのは 100個ぐらいだと分かった』



『その次の100個は 生活を楽しむため』



『所有とは責任であり モノは重荷になる』



『人生はモノで 出来ていない』



彼の言葉に 反省させられました。



予告編、コチラから。



*別ブログ『銀色の小舟で』映画カテゴリーも 宜しかったらご覧ください。