一粒万倍日のしあわせ。



5月3日。


一粒万倍日なので 宝くじ高額当選の予感[#IMAGE|S53#] 


という パパリンさんのブログを


レンタルDVDショップの 開店を待ちながら


いつもの カフェで読んだのですが……。


子供の頃から 暦で 目にするたび ワクワクした


 一粒万倍日の 響きに


懐かしさが 胸いっぱいに 広がりました。


帰りに買ってみようかな? 
 

53年の人生で 宝くじ購入は 一度だけ。


プレゼントした 遠い記憶があります。




そういえば 先日。


難病の子供を抱えた 


アメリカのシングルマザーが


高額当選したニュースに ちょっと 嬉しくなったっけ。


『棚からぼた餅を 期待しちゃいけない』


『期待すること=依存すること』


 と思って暮らしてきた 可愛気のない 私も 


少しは 角が削られてきたのかしら? 



迷いに 迷って (本当に可愛気ない)


夕方 ギリギリに 宝くじ売場へ。


いろんな種類があるんですねぇ。


優しく教えてくださった 売場の女性が 


とびっきりの笑顔で 『当たりますように!』と 言ってくださいました。


帰り道 自転車を 漕ぎながら 


『私って 頑なやったなぁ』


『神様が助けて下さるなら 少し甘えさせていただいて 


できる範囲で 世の中にお返ししよう』


なぁんて 考えました (ちょっとオーバーですね)


購入費用は 900円 当たらなくても 充分しあわせ。


ココロの角質が ふんわりとろけた ステキな 一粒万倍日でした。


パパリンさん ありがとうございました。