『LUCKY』

 

 

 

 

 


【予告編#1】ラッキー (2017) - ハリー・ディーン・スタントン,デビッド・リンチ,ロン・リビングストン 原題:LUCKY

 

 

 

 公開初日の 初回上映を いつもの座席で観る‼️ 

 

 

 

これが 私の期待作 鑑賞作法。(笑) 

 

 

 

三日前から チケット予約。 前夜から waku💛 waku❤️

 

 

 

万難を排して テアトル梅田へ ダッシュ💨

 

 

 

f:id:anoneeze:20180407212705j:plain



 

2017年9月 91歳で亡くなった 

 

 

 

名優ハリー・ディーン・スタントンの遺作。

 

 

 

自由で 偏屈な 一匹狼・・・ラッキーのキャラクターは

 

 

 

ハリー・ディーン・スタントンの人生に なぞらえて 当て書きされたもの。

 

 

 

f:id:anoneeze:20180407212722j:plain

f:id:anoneeze:20180407212001j:plain



 

親交の深かった デヴィット・リンチ監督が 

 

 

 

友人役で出演したシーンは 演技なのか 素だったのか

 

 


大人のオトコ同士の 色気に うっとり。

 

 

 

セリフは勿論 絶妙の間と 沈黙が渋かった。

 

 

 
 

f:id:anoneeze:20180408140849j:plain

 

 

 

ネタバレ防止のため(億劫なだけです、申し訳ございません)

 

 

 

いつものように 詳しくはコチラから

      ⬇️ 

映画『ラッキー』公式サイト

 

 

  

特に 何も起こらないけれど 地味だけれど 

 

 

 

忘れられない 燻銀の秀作です。

 

 
 

 

f:id:anoneeze:20180407211850j:plain

 

 

 

煙草を燻らすシーンが 美しかった。

 

 

 

マリアッチを従えて 歌うシーンに胸キュン。

 

 

 

ここで 惚れなきゃ オンナじゃない‼️

 

 

 

女性ホルモン枯渇寸前の 私が言うのだから 間違いない 。(笑)

 

 

 

 

f:id:anoneeze:20180407211907j:plain

 

 

 

中流れる すべての曲に 拍手。

 

 

 

どうか エンドロールの最後まで 席を立たないで。

 

 

 

ハリーに捧げる 素敵な曲が流れます。

 

 

 

映画館を出たなら 堪らなく

 

 

 

ブラッディ・マリアと マンハッタンが 呑みたくなるはず・・。

 

 

 

 

f:id:anoneeze:20180407211720j:plain



 

シニアの オジサマ&オバサマ方 

 

 

 

 TVを消して 映画館に行きましょう。

 

 

 

ミニシアターに行きましょう。

 

 

 

TSUTAYAで借りて 家でゆっくり 観るも善し。  

 

 

 

f:id:anoneeze:20180407213736j:plain

 

 

 

BARに寄る 時間&お金を節約。

 

 

 

テキーラと セロリを買って 帰宅。 (トマトジュースは冷蔵庫でスタンバイ)

 

 

 

昨日の興奮 覚めやらず 

 

 

 

自家製ブラッディ・マリアで ラッキーに乾杯‼️

 

 

 

日曜日だから 濃い目で 行っちゃう?

 

 

裏庭ブログも、更新しました。

ameblo.jp

 

 

 

 

 

中之島サンポ。


ameblo.jp

f:id:anoneeze:20180305060300j:plain

 

 

 初日に 馳せ参じようと 

 

 

楽しみにしていた 中之島公会堂の古本展。

 

 

オープンから 10分程で 満員御礼状態。

 

 

(次回は もう少し 広い会場を・・・切に望みます)

 

 

 

f:id:anoneeze:20180305060449j:plain

 

 

絵本は無かったものの 

 

 

胸キュンの『芸術新潮』が 2冊。

 

 

東山魁夷 アラーキーまで 見つけて ご機嫌❤️

 

 

『校正者のいる風景』も 読みたかった一冊。

 

 

 

f:id:anoneeze:20180305060344j:plain

 

 

もうひと回り 見たかったけれど

 

 

鮨詰め状態に 疲れてしまって 1時間で 撤退。

 

 

図書館bagの重さに ニンマリしながら

 

 

ちょっと歩いて 中之島図書館へ。  

 

 

 

f:id:anoneeze:20180305060418j:plain

 

 

2階・カフェの モーニングが 大好きなのです。

 

 

図書館の名残りを そのまま残した 高い天井 大きな窓etc

 

 

カフェ巡りの お喋りな女性客に 遭遇しない 貴重なお店です。

 

 

モーニングセットにしては ちょっぴりお高いけれど

 

 

 

f:id:anoneeze:20180305060514j:plain

 

 

ボリュームがあって 美味しくて  飲み物は お代わりOK。

 

 

ランチ兼用と考えたら リーズナブルだと思います。

 

 

朝の時間帯しか 知らないので

 

 

賑やかな女性グループが いらっしゃったら 御免なさい。

 

 

 

f:id:anoneeze:20180305060607j:plain

 

 

 テイクアウトも 出来るので

 

 

心地良い 川風を 感じながら 

 

 

ベンチに座って のんびり食すのも 一興。

 

 

ビジネス街であることを 一瞬忘れてしまうかもしれません。

 

 

 

f:id:anoneeze:20180305061112j:plain



 

図書館から 梅田まで

 

 

お気に入りの曲を聴きながら 

 

 

観光客のように キョロキョロしながら

 

 

なんちゃってウォーキング。

 

 

 

f:id:anoneeze:20180305061046j:plain

 

 

息子に 留守を託しての 3時間半。

 

 

介護のモヤモヤも ケロリと解消。

 

 

次回は 桜の咲く頃に・・。

 

 

時間をパッチワークして 大人の散歩を 決行しませう❗️

 

 

f:id:anoneeze:20180305061030j:plain

 

裏庭ブログ は、コチラから。

ameblo.jp

 

 

『気ままな情事』 

f:id:anoneeze:20180122153755j:plain

 

 

 

帽子工場主のアンドレアは 仕事も順調で 豪邸を建設中。

 

 

 

若く美しい妻マリア・グラツィアとも 仲睦まじく

 

 

 

絵に描いたような 幸せな日々を 満喫していた。

 

 

 

財力があって イケメン過ぎず お人好しの男は 当然モテる。

 

 

 

知人の妻に誘われ 逢瀬を重ねる姿も 楽しそうで憎めない(笑)

 

 

 

  f:id:anoneeze:20180122153604j:plain   f:id:anoneeze:20180122153643j:plain

 

 

 

でも 根っからのお人好しなのねぇ(笑)

 

 

 

人妻が ケロッと不貞を働くことに 当惑してしまい

 

 

 

美しい妻に あらぬ猜疑心を 抱いてしまう。

 

 

 

当時26歳の クラウディア・カルディナーレが演じる妻だから

 

 

 

うっとりするほど 可愛くて セクシー 💕

 

 

 

次々と浮かぶ 浮気の妄想シーンに 

 

 

 

👜の中を調べたり 尾行をしたり 盗聴したり さぁ大変。

 

 

                                        

f:id:anoneeze:20180122153357j:plain

 

 

 

遂には 妻を乗せた🚘を暴走させ 浮気相手を問い詰め

 

 

 

身の危険を感じた妻が とっさに ある人物の名前を告げてしまう…。  

 

 

 

新興ブルジョワを 小粋に皮肉った イタリア式コメディの傑作。

 

 

 

オープニングから流れる テーマ曲のベースラインが 

 

 

 

イタリア男の 憎めなさを奏でていた ような気がします🎶

 

 

 

f:id:anoneeze:20180122153542j:plain


 

 

 

60年代のファッションも インテリアも 要チェック。

 

 

 

歯の浮くような台詞も 参考に致しましょう。(笑)

 

 

 

因みに 私 不倫って言葉が 辛気臭くって ちょっと苦手。 

 

 

 

大人の皆さま こういう映画で クスッと笑う 週末はいかがでしょう?

 

 

 

TSUTAYAで 1week ・100yenです👛

 

 

 

裏庭ブログ更新しました。👇

ameblo.jp

 

 

『黒い裾』幸田文 

 

 

f:id:anoneeze:20180117135452j:plain



 

順調な 経年劣化なのですが

 

 

 

著しい目の疲れが 気になり 就寝前の読書を

 

 

 

朗読版にしてみようと 思い立ち

 

 

 

図書館でセレクトしたのが 『黒い裾』

 

 

 

幸田文と 藤村志保のコラボに 唆られました。

 

 

 

16歳〜中年に至る 主人公・千代の半生を

 

 

 

葬式の時にだけ出会う 男女の淡い思いを軸に綴る物語。

 

 

 

エッセイのような 小説のような ・・・ どっちでもいいや 上手いから(笑)

 

 

 

f:id:anoneeze:20180117151110j:plain

 

 

 

喪服に託す 複雑な女心を 冴えた筆致で 切り取って魅了する。

 

 

 

謙虚だが ドスの効いた 幸田文の文章と

 

 

 

藤井志保の表現力の ゾクゾクするような マリアージュ

 

 

 

聴き終えても 暫く 眠れませんでした(笑)

 

 

 

幸田文は やっぱり上手い。

 

 

 

藤村志保による 代表作の朗読シリーズ化を 熱望します❗️

 

 

 

遅ればせながら 2018年 最初の更新です。

 

 

 

今年も ゆるりと 宜しく お願い致します。

 

 

裏庭ブログ 更新しました。

 

 

ameblo.jp

 

 

 

『ハートストーン』

 

 

f:id:anoneeze:20171216195409j:plain

 

 

 

またまた アイスランド映画に 胸キュンです。

 

 

 

あぁ 思春期になんか 戻りたくない(笑)

 

 

 

ココロまで 素裸なんて 耐えられない。

 

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燕去月の白昼夢・其の壱(下鴨神社・納涼古本市)

f:id:anoneeze:20170901071620j:plain

 

 

京都滞在2時間の 弾丸古本ツアー。

 

 

出町柳駅から 炎天下を歩いて 会場が垣間見えた瞬間

 

 

『夢みたい・・・』と 呟いていました。

 

 

f:id:anoneeze:20170901071349j:plain

 

 

アスファルトの 照り返しもなく

 

 

聳え立つ木々の 緑のアーケードが 日差しを和らげ

 

 

蒼い空 萌え立つよな緑 真っ白なテントが続く 長閑な風景。 

 

 

 

f:id:anoneeze:20170910105117j:plain

 

 

粋な和服姿の老紳士 ベビーカーの親子連れ 手を繋いだカップル

 

 

友人同士  サリーがお似合いの外国人 老若男女のおひとり様etc

 

 

フードコーナーでは 真昼間から『🍺冷えてます』

 

 

 

f:id:anoneeze:20170901071657j:plain

 

 

価格も時代も 分類も様々な 多種多様な書籍と アンティークetc 

 

 

買い過ぎた客のため 宅配便受付も スタンバイ。

 

 

そこは 本好きの 極楽浄土でした。

 

 

 

f:id:anoneeze:20170901071843j:plain

                                

 

2時間後に 再会した息子は 古書を中心に 10冊ほど。

 

 

私は 佐野洋子と 翻訳絵本と 雑誌2冊。

 

 

役目を終えた 京友禅の型紙も 買っちゃいました❤️

 

 

 

f:id:anoneeze:20170901071853j:plain

 

 

お茶する時間もなく 近鉄ダブルデッカーの座席で

 

 

サンドイッチと ノンアルコールBEERの 遅めの昼食。 

 

 

梅田で 30分だけ 時代もの道具展を キョロキョロ 👀

 

 

 

f:id:anoneeze:20170910135054j:plain

                             

 

いろんなアレンジを愉しめそうな 朱色の三方を 見つけました❤️

 

 

京友禅の型紙と この三方は めっけもん❗️(個人的評価です) 

 

 

早速 リビングの一角で 存在感をアピールしております(笑)

 

 

 

f:id:anoneeze:20170901071750j:plain

 

 

母の体調不良で 儘ならぬことの 多かった 8月ですが

 

 

神様のプレゼントかな?  もうひとつ 白昼夢を 見ました。

 

 

明日、裏庭ブログに更新予定です。 

 

 

宜しかったら 覗いてみてくださいませ。

 

 

 

ameblo.jp

 

MacBook入院中。

f:id:anoneeze:20170819234355j:image

 

 

Macが 動かなくなった。

 

 

バックアップを サボっていたので

 

 

データが 半分くらい消えるらしい。

 

 

しまったと 後悔したけれど

 

 

これでいいのだとも 思う。

 

 

古い仕事の資料も プライベート写真も   多過ぎた。

 

 

自分では なかなか消せない。

 

 

身軽になって帰っておいで。